FC2ブログ
高浜運河

9月5日のフネブネ…3

(『9月5日のフネブネ…2』のつづき)京浜運河をさらに北上すると、今度は前方をゆっくりと移動する、鮮やかな山吹色の双胴船を発見。清掃船ですね。スターンの船名を見ると、「第七清海丸」とありました。中央に配した、東京都の昔のマークが、懐かしい感じがします。 スロットルをぐっとしぼって、またまた同航に持ち込み、働くフネらしいスタイルを、じっくりと観察。バックが緑濃い公園だけあって、山吹色の船体がよく映え、目...(2008/10/01 Wed 14:56)

桜探しに出かけてみたら…5

(『桜探しに出かけてみたら…4』のつづき)どんなに穏やかな日でも、ちょっとしたそよ風が、水面に縮緬じわのような波を立てるものですが…。この日の午前中の穏やかさは、特に素晴らしく、写真の高浜運河、御楯橋付近では、文字どおりの水鏡で、立ち並ぶビル群がくっきりと水面に映った姿を、楽しむことができました。もちろん、まったく無風というわけではありませんでしたから、ビルの屏風に守られた、内水ならではの贅と言って...(2008/03/28 Fri 05:27)

アーバンランチで東京港をゆく…4

(『アーバンランチで東京港をゆく…3』のつづき)お客さんは我々を含めて4人、もやいを解いて出発です。船が動き出すと、乗客係の方が回ってきて、宅配便屋さんが持っているような、携帯端末で乗船券を発行してくれました。桟橋を離れると、軽快な外観に似合わず、ディーゼルらしい震動と、重々しい爆音が高まってきました。 爆音を響かせながら、船はみるみるうちに、ほとんどその場で180度回頭。カタマランと、2軸ペラの威力です...(2007/12/23 Sun 22:13)

芝浦の運河めぐり…5

(『芝浦の運河めぐり…4』のつづき)芝浦橋に近づいて、よく観察してみると…。どうやら、上の高架を、芝浦橋が支えているのではなく、芝浦橋が、むしろぶら下がっているようにも見えてきました。周囲はご覧のとおり、工事たけなわの雰囲気で、芝浦橋の橋台地も、造り替えているように見えたからです。橋台地が完成するまで、橋の重量を高架の桁に支えさせているのでしょうか…。正確なところは、もちろんわかりませんので、ご存知の...(2007/01/07 Sun 19:25)

目黒川水門

(『天王洲運河』の続き)高浜運河の終点、目黒川水門が見えてきました。芝浦の運河地帯の終点でもあります。名前の通り、ここをくぐれば、目黒川に出ます。オーソドックスな、赤いローラーゲート二門の水門ですが、両脇に長いコンクリート堤防を有して、周囲の雰囲気は、少々寂しげな感じです。昭和橋の近くから、目黒川をのぞき込んでみました。ここから見える橋は、桁橋が多く、川にあまり影を落とさないせいか、水面は明るく、...(2005/09/16 Fri 17:42)
FC2 Management