FC2ブログ
花畑川

花畑運河を走る…7

(『花畑運河を走る…6』のつづき)雪見橋をくぐると、先ほどから見えていた、首都高6号三郷線に接するようにして、花畑運河の西の端、花畑水門が姿を現しました。ご覧のとおり、閉じているのが常態のため、少なくとも今は、綾瀬川に抜けることはできません。まあ、よしんば抜けられたとしても、綾瀬川をここから下った途中には、桁下高のやたら低い、綾瀬新橋(過去の記事『初めての綾瀬川…7』参照)が控えているので、とおしで航...(2009/01/09 Fri 20:07)

花畑運河を走る…1

(『20年度川走り納め…4』のつづき)で、なぜ中川を上って来たかと申しますと、未踏破区間である、花畑運河(現在の名称は『花畑川』ですが、ここはあえて、竣工時の呼び名にこだわってみたい気持ちです)を、走ってみたいと思ったからです。前回(過去の記事『中川…4』参照)訪れたときは、六ツ木水門の両脇に居並ぶ、たくさんの釣り人さんたちに睨みつけられて断念しましたが、今回は釣り人さんの数もグッと少なく、写真左側に一...(2009/01/02 Fri 19:31)

中川…4

(『中川…3』のつづき)たくさんのボートに、行き合い、追い越されつつ、爽快かつ賑やかな川面を、ゆっくり遡上します。しかし、皆さんお飛ばしになる(笑)。岸には、釣り人さんの姿もちらほら見えるのですが、川幅も広く、繋留船の少ないこのあたりは、気遣い無用とばかりにプレーニングしてきます。まあ、今や東京付近の川も、景観は整備された反面、フネにとっては、色々と世知辛くなってきましたので、せめてこのあたりだけは...(2007/06/09 Sat 22:58)

中川…1

5月27日は、中川の未紹介区間、高砂橋から上流へ行ってみました。潮の具合は悪くなかったのですが、今回は、遡航限界点に挑戦という気はなく、中流部にある水門の写真を撮るついで、といった感じで、気楽に走ってきました。出発点は、おなじみ中川水門。いつもなら、水門に進入すると同時に、通航する船の反射波で翻弄され、舵から手を離せないのですが、この日は珍しく平穏だったため、間近から見上げた写真を撮ることができまし...(2007/06/03 Sun 22:36)

東京の水路探索に絶好の資料が!

以前、ウェブ上をうろついてたら、東京の水路探索や、土木に関心のある方の研究にも役立つ、絶好の資料があるのに気づきました。すでに先日、「新呑川…5」のコメント欄で、はじめさんとお話した時に、ちょっと触れましたので、ご覧になった方もおられるかと思いますが、大変興味深い資料ですので、改めてご紹介します。「平成17年度 基幹的広域防災拠点のネットワーク化に資する河川舟運の活用に関する調査研究 報告書」という、...(2007/05/26 Sat 20:49)
FC2 Management