FC2ブログ
花畑運河

20年度川走り納め…5

(『花畑運河を走る…7』のつづき)花畑運河を堪能したあとは、年の瀬らしい川景色を拾って歩こうと、都心の水路に向かうことにしました。帰りも、往路と同じコースです。中川の屈曲区間を下っていると、本奥戸橋で、本日6隻目の独航艀に遭遇! 今まではすべて下り船だったので、初めての上航船になります。船腹いっぱいに油を飲み込んで、喫水を深々と沈めて上って来るさまは、空船とは違った魅力がありますね。【撮影地点のMapio...(2009/01/10 Sat 20:13)

花畑運河を走る…7

(『花畑運河を走る…6』のつづき)雪見橋をくぐると、先ほどから見えていた、首都高6号三郷線に接するようにして、花畑運河の西の端、花畑水門が姿を現しました。ご覧のとおり、閉じているのが常態のため、少なくとも今は、綾瀬川に抜けることはできません。まあ、よしんば抜けられたとしても、綾瀬川をここから下った途中には、桁下高のやたら低い、綾瀬新橋(過去の記事『初めての綾瀬川…7』参照)が控えているので、とおしで航...(2009/01/09 Fri 20:07)

花畑運河を走る…6

(『花畑運河を走る…5』のつづき)富士見歩道橋が近づいてきました。両側に橋台地の張り出しを持った、青い鋼桁橋です。南岸にある、大きなマンションの影が橋をおおっており、橋をくぐるとき、ひんやりとした空気が艇を包みました。 この富士見歩道橋も、桁にはまったく反りがなく、桜木橋に劣らないくらい桁下高の低い橋です。写真は帰路に撮ったものですが、幅員があまりないこともあり、通過はほんの一瞬で、桁下高の割には、...(2009/01/08 Thu 20:03)

花畑運河を走る…5

(『花畑運河を走る…4』のつづき)前後しますが、六ツ木水門~桜木橋間の水辺風景をご覧に入れます。このあたりは、古い街場らしい感じの一戸建てが並ぶ、住宅地ですね。護岸はご覧のとおり、二段になっており、鋼矢板がむき出しになっている上の段が、増水に備えた堤防のようです。本来の地面は、下の段の天端に等しいのでしょう。 上の写真の、護岸に貼られた看板のアップ。なるほど、平成9年から12年まで、六ツ木水門は工事をし...(2009/01/07 Wed 19:59)

花畑運河を走る…4

(『花畑運河を走る…3』のつづき)ふたたび、六ツ木水門に進入。水位表示はA.P.+1.43m、花見橋をくぐった感じも、先ほどよりずっと余裕がありましたから、わずか20cmの差とはいえ、大きなものだと実感できます。これなら、桜木橋も大丈夫でしょう。 それではいざ、桜木橋へ進入開始、最微速!よしよし、イケるイケる! 大きくのけぞって…、茂森橋(過去の記事『最低橋に挑戦!…4』参照)なみのスリルとサスペンスです。 のけぞり...(2009/01/05 Mon 19:54)
FC2 Management